大切な人の前であがらないために

人前は苦手だ。特に好きになってしまった人の前では思っていることすら話せなくなってしまう。そんな男性に思いを十分に伝えるための方法をお伝えしたいと思います


あのひとを守りたい、あのひとを幸せにしたい。
大切なひとを思う気持ちはだれに負けない。

どうしても好きな女性にアプローチしたい・・・
このサイトではそんなあなたが彼女に思いを伝えられるようにお手伝いをします。

緊張しないための心構えと、もし緊張してしまっても
バックアップとしてなんとかできる方法で準備してみませんか。



立ち読み感覚でどんな方法なのかあなたの目で確かめてみてください:
















そうは言ってもどう備えれば良いのでしょうか?
無視する、相手にしない、はじめは馬鹿にするなど男性にとっては
おそるおそる声かけをして、これら反応がかえってくると
あっという間に失意の底に沈んでしまうひとが多くいます。

あなたもそんな経験をしていませんか?

現実はあなたの想像とはちょっと違っているかもしれません。

あなたに非があって嫌われたのではなくて、
デフォルトはこれら「拒否する」ところから始まるのです。

あなたが外観や雰囲気からどの女性からみても魅力のある男性でなければ
はじめはこの洗礼に会うことのほうが多いのです。

もしはじめにおそるおそる声かけをして、ことわられでもしようものなら
もう次の時にははじめから恐れの感情が先立ってしまうことさえあります。

失敗の経験は次の失敗の原因となり、
さらに自信をなくしてしまうこともあります。

そうではありません

はじめは断ってもらって良いのです。

さわやかに(落ち込まず)何回かさりげなく(ぎらぎらせずに)

さそって、そのあとではじめてよい返事をもらえばよいのです。

気持ちをためこんで、
いきなり決死の思いで背水の陣では
女性の方も受け入れようがないのです。

この違いを理解すると
相手があなたの事を受け入れるチャンスが訪れます

「うそだろう」
あなたは疑問に感じると思います・・・

その理由はこの先をお読みいただき
あなた自身で確かめていただきたいと思います。


それでは大切な彼女を守るために

次の話からさらにヒントをつかんでください。

友達には好かれるのに、好きになった女性からは
相手にされないAIさんの場合をごいっしょに考えて見ましょう。

ここでは男性が見せる二つの顔がキーポイントです

好きな相手を前に意識してしまうと・・・

大切なひとの前で途方にくれるその理由とは?
                                   

AIさんは会社では技術系営業を担当しています。

彼は製品の技術説明には自信を持っているし、
仕事を離れると歌は結構うまいと評判です。

会社の宴会では2次回以降も何人かの女性と
出かけるような機会もありました。

歌には自信のある彼はカラオケに出かけた時は
落ち着いて自然に話すことができました。

ゆとりがあると隣にすわった女性をちょっと
からかうようなことを平気でしていました。

お酒がまわるとさりげなく、ちょっときわどい話を
明るく言い放ったりしていました。

だけど彼は職場の女性からセクハラだと
うわさされたことがありません。

それどころか、過去に女性のほうから
付き合ってほしいと告白されたこともあります。

でもそれは興味を持っていない女性からの
アプローチだったのです。

彼は割り切れない気持ちになります。

なぜか意中の女性からは良い返事がもらえないのです。

好みのタイプはどちらかというと可愛いタイプで、
どこか不思議な雰囲気のある人です。

先月隣の課に配属されてきた彼女は
まさにこのタイプでした。

ひとめでこの彼女を気に入ってしまった彼は
なんとか声をかけてみました。

さりげなく、食事に誘ってもみましたが、
都合よくはぐらかされてしまうのです。

メールも送りましたが、
差しさわりのない返事しかきません。

そうするといままでの苦い経験が思い出されました。

このまま続けてメールしたり、声をかけると
嫌われてしまいそうです・・・


この男性は二つの顔をみせています。

一つ目の顔:
自分では身近なそのことには気がつかないまま
女心を揺さぶる行動をしていたのです。

そして自信のある態度とこれら余裕のある行動には
女性心理を捕らえるある要素を備えているのです。

繰り返しこういった行動に身近に接した女性が
彼に気を取られても決してふしぎな事ではありません。

彼は自分では意識していなかったかも知れませんが、
女性のほうから好きになってしまう原因を
しっかり作り出していたのです。

二つ目の顔:
それに対して意中の女性への落差はどこからきていたのでしょう。

この男性は気に入った女性にたいして
知らないうちにある心理状態へ追い込まれていたのです。

彼がすでに発揮していたある魅力も
実はこの心理の元ではまったく使えなくなってしまうのです。

付き合い始める前や
付き合いはじめてまだ日が浅い内は
これらの行為を続けて行ってしまうと、
女性の興味を失わせる結果となります。

彼ががどんなに熱心だとしても
この状況では相手の興味を得ることはできません。

彼は意中の女性に対しては
97%の男性と同じようにある間違いを犯していたのです。

好きな女性を思って嫌われてしまう・・・


その間違いについてとても大切なポイントがあります。
                                    
男性はアプローチする時どうすれば女性が気に入ってくれるだろう
と考えて行動していると思います。

ナゾに包まれた女性の習性はどこからきているのでしょうか?あなたができることから始めてみましょう。







































あなたがやっぱり緊張してしまったとしても
大切なあの人の前で
なんとかできるように応援しています。




掲載ガイドライン
効果には個人差があります。サイトの訪問者の方に誤解を与えたり不快感を感じるような誇大な表現は極力排除するように努めております。自主掲載ガイドラインを設定して、事実をお伝えし、目的達成に少しでも貢献できますように改善に努めて参ります。

今更聞けない人に。CMSのすすめ